« ノーベル賞・本庶佑さん | トップページ | シンポジウムを終えて:貧困と大学進学「~生活保護家庭の大学進学を考えよう~」 »

2018年10月23日 (火)

10月28日(日) 貧困と大学進学 シンポジウム開催します。(無料)

10月28日(日)、奨学金&生活保護問題のシンポジウムを開催します。

申込不要で、どなたでも参加できます。ぜひご参加ください。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 貧困と大学進学~生活保護家庭の大学進学を考えよう~」

    愛知奨学金問題対策ネットワーク5周年記念

 

 誰もが生まれながらにして教育を受ける権利は保障されていますが、高校卒業から入学直後に必要な資金が賄えず、進学を断念するケースが多くあります。

 生活保護世帯の子どもが大学などへの進学するときにどんな問題があるのでしょうか。

貧困が親から子に引き継がれる「貧困の連鎖」を防ぐためにも何が必要なのか、奨学金と生活保護費のあり方を考えることにより、誰もが「進学したい!」という想いをかなえるために何が必要か。みなさんと考えたいと思います。ぜひ、ご参加ください。

 

 【日時】2018年10月28日(日) ※申込不要

 

 (開場 12:30)

 13:15~13:30  愛知奨学金問題ネットワーク総会

 13:30~16:30  シンポジウム

 

 【場所】愛知県司法書士会大会議室

     JR金山駅徒歩5分

     名古屋市熱田区新尾頭1-12-3

 

 【資料代】500円(学生、受付でお申し出いただいた方については無料)

 ※申込不要

 

 シンポジウムの内容

  第1部 当事者報告

  第2部 講演 桜井啓太さん    (名古屋市立大学准教授)

    名古屋市立大学大学院人間文化研究科 准教授 地方自治体職員を経て、現職。

主な著書に『〈自立支援〉の社会保障を問うー生活保護・最低賃金・ワーキングプア』(法律文化社)ほか。

 

  第3部 対談 桜井啓太さん&大内裕和さん(中京大学教授)

           大内裕和さん    (中京大学教授) 

    1967年神奈川県生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程をへて、現在は中京大学教授。専門は教育学・教育社会学。「奨学金問題対策全国会議」共同代表。

主な著書に『奨学金が日本を滅ぼす』、『ブラックバイトに騙されるな!』、『ブラック化する教育』など。

 

主催  愛知奨学金問題対策ネットワーク

後援  連合愛知、愛知労福協、愛知県司法書士会

連絡先 名古屋市北区山田1-1-40すずやマンション大曽根2階 

水谷司法書士事務所 司法書士 水谷英二

電話 052-916-5080 FAX 052-911-3129

1028_3

 

« ノーベル賞・本庶佑さん | トップページ | シンポジウムを終えて:貧困と大学進学「~生活保護家庭の大学進学を考えよう~」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553346/67304081

この記事へのトラックバック一覧です: 10月28日(日) 貧困と大学進学 シンポジウム開催します。(無料):

« ノーベル賞・本庶佑さん | トップページ | シンポジウムを終えて:貧困と大学進学「~生活保護家庭の大学進学を考えよう~」 »